2014年04月12日

人物起用法(呻吟語)

たぶん今までの記事を読んで、それが何になるのかと疑問を
感じた部分があると思う。
であるが、成功にはどうしても人物を見分ける鑑識眼が必要。

大体失敗する時のほとんどが、人を信用してお金を失くす、投資話であったり
その他もろもろ。

私が人物を識別する上で簡単な方法は、これ。
文章に起承転結があるように、人間関係にもこれがある。

「文章の起」にあたるものが面白くないと、先に読み進まない。
これと同じように、「文章の起」に相当するものは、人の場合「挨拶」
これがうまく出来ない人は、大体ダメ。

まず、実際に会った時にきちんと挨拶出来るか。
もう一つは、メールなどで連絡を取り合う時。
タイトルの無いメール、それからタイトルが「RE***」で始まるメール。

この両者は、90パーセントの確率で平気で嘘をつく、または約束を破る。
このどちらか。
これをやる人は、本人が気ずいていないだけで、相手の人格を否定しているわけ。
ただ、「RE***」で始まってもそれが必要な場合のメールもあるので、それは除外。

さて、人物起用法と題したので「呻吟語」の治道篇から一つ。

書下し文
多事の秋(とき)に当りて、才なきの君子を用うるよりは
才あるの小人を用うるに如かず。

現代語訳

忙しい時または、難しい局面の時に、才能や能力の無い君子を使うより
その時局を打開する為に相応しい能力を持った小人に任せた方が良い。

「君子と小人」については、このブログのバックナンバーの ここを参照
posted by 成功の道しるべ at 13:01| Comment(0) | 日記

2014年04月11日

八観法-06(人物観察法)

八観法の第六条「習えば、その言う所を観る」

「習えば」とは,すなわち習熟すればのこと。
例えば音楽を例にとれば。
1)楽器の演奏に習熟する。
2)作詞、作曲に習熟する。
3)指揮がうまい。
4)歌うのが上手等。

その時に何を言うかによってその人を判断する訳です。
音楽の歴史等について云うとすれば、知性的な人物。
作詞、作曲してお金が儲かったと、お金の話しをすれば俗人。
歌うのがうまいので、それで女を口説く等と云えば、そっちに興味があるわけ。

その話しの内容が、「道徳、功名、詞章、冨貴、」そのいずれかによって
その人物が何に一番関心があるのか推測出来る。

(1)通ずれば、その礼する所を観る。
(2)貴ければ、その挙ぐる所を観る。
(3)富めば、その養う所を観る。
(4)聴けば、その行う所を観る。
(5)止まれば、その好む所を観る。
(6)習えば、その言う所を観る。
(7)貧すれば、その受けざる所を観る。
(8)窮すれば、そのなさざる所を観る。



posted by 成功の道しるべ at 10:25| Comment(0) | 日記

2014年04月10日

八観法-05(人物観察法)

八観法の第五条「止まれば、その好む所を観る」

「止まる」とは俗に云う「板につく」すなわち、あまり努力しなくても
その分野においては大体の事はやってのけることが出来る状態。
車の運転一つとっても、はじめの内はああだ、こうだと考えて運転しているが
そのうち慣れて来ると手、足が自然と状況に合わせて動くようになる。
これが、「止まる」と云うこと。

その時に、何を好むのかである。
例えば会社員の場合。
今までは、仕事の勉強ばかりであったが、一通りマスターした。
空いている時間を利用して。
釣りやゴルフ等趣味を優先する。
パチンコや競馬等ギャンブルに手を出す。
次に備えてセミナー等の勉強会に参加する。

何をするかは人それぞれ、それを見てその人物を判断するわけ。

(1)通ずれば、その礼する所を観る。
(2)貴ければ、その挙ぐる所を観る。
(3)富めば、その養う所を観る。
(4)聴けば、その行う所を観る。
(5)止まれば、その好む所を観る。
(6)習えば、その言う所を観る。
(7)貧すれば、その受けざる所を観る。
(8)窮すれば、そのなさざる所を観る。



posted by 成功の道しるべ at 19:41| Comment(0) | 日記
検索ボックス