2014年04月28日

失われたムー大陸

失われたムー大陸、突然このような題で少し戸惑っていると思う。
ブログのテーマからして確かに似つかわしく無い。

でも、少し付きあったいただきたい。
1960年代に出版された、ジェームズ・チャーチワードの「失われたムー大陸」
その中で興味深いことが書かれている。

12000年前に太平洋にあった巨大な大陸が一夜にして滅び去ったと云うもの。
イースター島、サモア、フィジー、ハワイ、ラドローヌ島、などはその痕跡と
言われている。
ただ、ジェームズ・チャーチワード自身の経歴も怪しく、今では学術的に認められてはいない。
この手の話しは、検索する結構出てくるので深入りは避ける。
そして、ムー帝国の聖典『聖なる霊感の書』、現在で云えばキリスト教の「聖書」の
ような位置ずけの本。

「論語」の孔子、「老子道徳経」の老子もこの「聖なる霊感の書」を見た
可能性があると云う。

posted by 成功の道しるべ at 11:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索ボックス