2014年04月15日

人物の用い方-01

人物の用い方について一言述べてみようと思う。

水雲問答より。

(雲)
君子を使う時は、普段は恩徳を施して時に厳しく威厳をもって当たるのが
よろしい。
片や、小人は日頃は厳しく接し時として報償などを施して怨みを避ける
工夫が必要かと思います。
なぜなら、小人は心がねじけて捻くれ者が多いからです。

(水)
小人を用うる時、威厳を主として偶に恩徳を施す、中々いい考えです。

水雲問答については、時をあらためて説明する。
この書下し分は、
ここを参照

「君子と小人」については、このブログのバックナンバーの ここを参照
posted by 成功の道しるべ at 01:39| 日記
検索ボックス