2014年04月02日

呻吟語(上士は道徳)

昨日は第一等とはどういう人物を云うのか述べた。
次は人物を上、中、下、と分けた場合についてやはり
呻吟語の品操から一つ。

「上士は道徳を重んじ、中士は功名を重んじ、下士は詞章を
  重んじ、斗しょうの人は冨貴を重んず。」

大体こんな意味。
世の中であの人は、出来た人と言われる人は道徳を重んずる
すなわち、自分中心より他の為に生きている。

中程度の人は、何かやってやろうと功名心にはやりその分野で
実績を残し功名、地位を重んずる。

下等の人は,詞章という言葉に捉われる必要はなく、技能に属する分野、
例えば、科学、哲学、芸術、音楽、等才能を発揮することを重んずる。

次は斗しょうの人、すなわち箸にも棒にもかからない人は、冨貴を重んずる。
人はお金がないと確かに生きていけないが、それが中心ではない。
ここでは、お金の為なら何でもやる人は、最低ということ。

はたして自分はどのランクなのか、鑑定してみるのも面白い。
こういうことを知っていると、下手な人間にはあまり近ずかなくなる。
「朱に交われば赤くなる」のたとえのように、いい人物と接するように
心がけると自然に良い運がめぐって来る。

まあー、とにかく呂新吾先生は辛辣ですね。
タグ:人物 観察 等級
posted by 成功の道しるべ at 09:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索ボックス