2014年04月15日

八観法-08(人物観察法)

八観法の第八条「窮すれば、そのなさざる所を観る」

この「窮すれば、そのなさざる所を観る」これを知っているだけでも
人ずきあいが、うまくいきます。
あの人は、信頼出来る相手と思われるからです。

人は窮すれば、どうしてそんなことをするのと云う位、浅ましいことを
するものです。
これは、他人に限ったことではなく、私も戒めている。
その時に何をしないかを観察する、どんなに普段良いことを言っても
窮した時に、本音が表れる。
こういうことが、すでに2000年以上前に本に書いていたわけ。
とても文明が進歩しているとは、ある一面言えない。
 

(1)通ずれば、その礼する所を観る。
(2)貴ければ、その挙ぐる所を観る。
(3)富めば、その養う所を観る。
(4)聴けば、その行う所を観る。
(5)止まれば、その好む所を観る。
(6)習えば、その言う所を観る。
(7)貧すれば、その受けざる所を観る。
(8)窮すれば、そのなさざる所を観る。



posted by 成功の道しるべ at 10:50| Comment(0) | 日記

人物の用い方-01

人物の用い方について一言述べてみようと思う。

水雲問答より。

(雲)
君子を使う時は、普段は恩徳を施して時に厳しく威厳をもって当たるのが
よろしい。
片や、小人は日頃は厳しく接し時として報償などを施して怨みを避ける
工夫が必要かと思います。
なぜなら、小人は心がねじけて捻くれ者が多いからです。

(水)
小人を用うる時、威厳を主として偶に恩徳を施す、中々いい考えです。

水雲問答については、時をあらためて説明する。
この書下し分は、
ここを参照

「君子と小人」については、このブログのバックナンバーの ここを参照
posted by 成功の道しるべ at 01:39| Comment(0) | 日記
検索ボックス