2014年04月07日

斎籐一人(困った時に言う言葉)

斎籐一人氏の「ついてる」と云う言葉を100回口に出して言うと
運が向いて来ると前回に述べた。

今回は困って時に言う言葉。
なにか問題にぶつかり困った時、サアーーこう言おう。

「それは簡単なんだ」

そうすると不思議とその困ったことが解決されます。
私も体験しました。実に不思議です。

たった一言です。

このことを、斎籐一人氏はこう説明しています。

困ったことが起きたのは、陰的な負の連鎖、それを「それは簡単なんだ」
と云う陽的な言葉で、負の連鎖を断ち切ることによって、解決の道が
開けて来る。
確かに言われてみれば、その通りです。

今日、ただ今からあなたも「それは簡単なんだ」と言ってみましょう。

posted by 成功の道しるべ at 19:48| Comment(0) | 日記

八観法-03(人物観察法)

八観法の第三条「富めば、その養う所を観る。」

これについては説明の必要はないと思われるが。
お金が出来ると何にそれを用うるか。
それによって、人物を判断するわけです。

例えば、孤児院に寄付をする等困っている人を助けるために使う。
自分の才能、技量を伸ばす為に使う。
趣味やスポーツ等に使う。
賭け事、女遊びに使う等。

その使い道によって、どの程度の人間なのか評価するわけ。
評価する基準は、バックナンバーの呻吟語で説明済み。

(1)通ずれば、その礼する所を観る。
(2)貴ければ、その挙ぐる所を観る。
(3)富めば、その養う所を観る。
(4)聴けば、その行う所を観る。
(5)止まれば、その好む所を観る。
(6)習えば、その言う所を観る。
(7)貧すれば、その受けざる所を観る。
(8)窮すれば、そのなさざる所を観る。



posted by 成功の道しるべ at 12:47| Comment(0) | 日記
検索ボックス